25 歳の女性。関節痛を主訴に来院した。1年前から両側の手関節と中手指節関節の腫脹と疼痛とを自覚するようになった。市販の消炎鎮痛薬と貼付剤とで様子をみていたが、3か月前から関節痛が増悪し、1か月前からは家事をすることが困難となったため受診した。挙児希望はない。

両側手関節および両側示指と中指の中手指節関節に腫脹と圧痛とを認める。皮疹は認めない。

血液所見:赤血球 430 万、Hb 12.5 g/dL、Ht 38 %、白血球 8,300、血小板 23 万。血液生化学所見:AST 14 U/L、ALT 18 U/L、LD 204 U/L(基準 176〜353)、ALP 258 U/L(基準 115〜359)、尿素窒素 10 mg/dL、クレアチニン 0.5 mg/dL。免疫血清学所見:CRP 3.1 mg/dL、リウマトイド因子<RF>72 IU/mL(基準 20 未満)、抗 CCP 抗体 151 U/mL(基準 4.5 未満)。B型とC型の肝炎ウイルス検査および結核菌特異的全血インターフェロン γ 遊離測定法<IGRA>は陰性である。胸部エックス線写真で異常を認めない。両手エックス線写真を別に示す。

この患者にまず行う治療はどれか。

a. 金製剤筋注

b. 抗菌薬経口投与

c. コルヒチン経口投与

d. メトトレキサート経口投与

e. シクロホスファミド経口投与

解答を見る